【セブ島留学】実際フィリピン人はどのくらい英語を話せるのか

投稿者:

留学するにあたって、フィリピンは近くて短期集中型の留学に向いていますが、「本当にフィリピンでいいのか」「フィリピン訛りはあるのか」「そもそもフィリピン人はちゃんと英語を話せるのか」って気になる人も多いですよね!

そこで今回はセブ島におけるフィリピン人の英語力について、フィリピン人の友人の話や自身の経験をもとに紹介したいと思います。場所や職種によっても異なるため、英会話スクール、セブ市内、セブ島の田舎、と大きく3つに分けて説明します。

カフェ(メニューも英語)

英会話スクール

もちろんのことですが、英会話スクールの先生達は流暢に英語を話します。大きな訛りは無く、スラングを使わず綺麗な文法的に正しい英語を話します。そのためネイティブよりも大分聞きやすいです。

生徒のレベルに合わせてゆっくり話してくれることもあるので、そのスピードでは聞けても、ネイティブと話すと付いていけないこともあるかもしれません。そこは特訓次第になると思います。

セブ市内

セブ市内では英語を話せる人がかなり多く、英語で生活ができます。

基本的に、小学校から英語で授業を行います。幼い頃から英語を使う環境にいるため多くの人が英語を話すことができます。国語の授業は現地語を学びます。ただ、家族や友人と話す際は現地語を話すことが多く、学校や職場で必要な時に英語を使用するようです。

街中の道路標識やお店の看板もほとんど英語で記載されています。映画館も英語音声で字幕なしですが、子供から大人までみんな完全に理解しています。500円で映画が観れるので私たちにとっては良い勉強になりますね。

フィリピンではバスケットボールがメインスポーツになっていたり、アメリカ英語を話すあたりが、アメリカの影響を色濃く受けていることがわかります。

夜市

田舎

セブ市内から離れて田舎に行くと、訛りが強い人がいますが基本英語で意思疎通できます。ホテルやお土産物屋さん、ダイビングショップのスタッフなどは英語で会話できます。

ローカルのお店(英語が通じる)

まとめ

ご覧の通り多くのフィリピン人は英語を話すことができます。
流暢に話しますが、あくまでも英語を第2言語として学んでいる点は我々日本人と同じです。そのため英語を学ぶ日本人の良いお手本であり、教える立場としても最適であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です