【インドネシア/ジョグジャカルタ】密林に隠れたピラミッド!?ボロブドゥール寺院

投稿者:

インドネシアのジョグジャカルタにあるボロブドゥール寺院をご存知ですか?

およそ1200年前に建てられたピラミッドのような形をした巨大な仏教寺院です。

まず「ジョグジャカルタ」って「ジャカルタに似てるけど何?」って方も多いと思います。ジョグジャカルタはジャカルタの東(約500km)の位置にある歴史の古い街です。

ボロブドゥール寺院の周りはジャングルに覆われているのです。

ボロブドゥール寺院はジョグジャカルタからおよそ40kmの場所にあるのですが、なんと1814年までずっと密林と土砂の中に隠れて忘れ去られていたのです!

こんな大きなものが1000年もの間、誰にも気づかれなかったなんて信じられないですよね!!

ボロブドゥール寺院はジョグジャカルタから40kmと若干離れていますが、タクシーで1時間半くらいで行くことができます。

昼間に見に行っても良いのですが、
ボロブドゥール寺院の観光の目玉は「寺院から朝日を拝むこと」

そのため、早朝、日が昇る前から寺院へ行きます。
(寺院のすぐ近くに宿をとっておくのがベスト!)

ボロブドゥール寺院はピラミッドのような形をしており、階段がついているので簡単に上ることができます。
暗いうちに上って、寺院の上で日の出を待つ作戦です。

途中、壁画なんかもあります。

暗闇の中で見る壁画とか、アドベンチャー感が半端なく、ウキウキします!

寺院の上に着きました。

まだ暗闇に包まれており、遠くの方にムラピ山が見えます。

少し明るくなりましたが空にはまだ星が出ています。

徐々に寺院のシルエットが見えてきて高揚感も増してきます。

人型の石像もあるのでちょっとビビります ^^;

同様に明け方から観光している人もいっぱいいるので、結構場所取りに苦労します。
(ピンボケしててすみません。。)

空が黄金色になり始める頃、シャッターチャンスをかけてみんな写真をパシャパシャ

ここにいると朝日がとても神々しい!

てっぺんはこんな感じになっています。
空洞の網目のドームがいっぱいあり、寺院全体で見ると螺髪のようで独特な感じです。

通路もちゃんと整備されているので寺院を散策できます。 

さっきの人型の石像はこの方だったんですね。
本来は他のと同じように網目のドームで囲まれていたそうです。

まるで違う星に来たかのような風景。

エイリアンやプレデターがいてもおかしくありません。

ボロブドゥール遺跡の周りの密林はいい雰囲気醸し出してます。

正面から見るとこんな感じ。
早朝に上ってきた階段です。

カンボジアのアンコールワットと同じくらいの歴史があり、
エジプトのピラミッドのような形をしたボロブドゥール寺院。

まだまだ未開拓感があり穴場スポットでとてもオススメです!

[2017年5月 旅行]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です