ブンチャーって知ってる?意外と知らないおいしいベトナム料理(Bún Chả Hà Nội)

投稿者:

みなさんベトナム料理といえばまずフォーが思いつく方が多いのではないでしょうか。
鶏ガラスープに柔らかめの米粉麺が優しい味を出していて日本人の方にも親しみやすい料理ですよね。最近は日本のスーパーやコンビニでもフォーが売っている時代になってきました。

ただ、ベトナムにはフォーに匹敵するほどおいしいブンチャーという米粉麺のつけ麺があります。ハノイではフォーのお店に負けず劣らずブンチャーのお店も多いので、ぜひハノイ旅行の際は食べていただきたい一品です。(日本でもブンチャーが食べられるお店はあります!)

実際に現地在住の日本人に聞いてみると、フォーよりブンチャー派の人も同じかそれ以上に多いです。

ブンチャーってどんな料理?

ブンチャー

ブンチャーとは言葉の通り「ブン(米粉の麺)」と「チャー(お肉)」から成り立っており、さっぱりとした甘しょっぱい汁に肉と麺をつけて食べます。つけ汁には青パパイヤや人参が入っていることが多く、麺の柔らかさとは対照的なこりこりとした野菜の食感がうまくバランスを取っています。炙りたての肉もつけ汁に入れることでうまさ倍増です!

その場で炙り焼肉

ブンチャーのお店では、炭火の上でつみれの肉団子や豚バラ肉を炙ります。
肉の脂が滴って火の勢いが迫力あります!

炭火焼

扇風機で風を送り、
その空気で火の勢いが増し、
肉がこんがり焼けて、
ちっちゃい煙突を通って道路へ美味しい香りを漂わせる寸法です。

炭火焼(扇風機で風を送る)

一日中肉を焼く仕事は、汗と肉の脂でとっても過酷な仕事です。
おつかれさまです・・・汗

大量の野菜と一緒にどうぞ

そんな苦労もあって出来上がったのがこちら!

お好みで、つけ汁にライム・唐辛子・にんにくを入れて味を調整しましょう。
にんにくを入れると味に深みが増して個人的におすすめです。

レタスや大葉、パクチーなんかの野菜もどっさり積まれるので、こちらも好きな分だけ取って、手で小さくちぎってつけ汁に浸して食べます。分量が多いので、大抵の人は野菜を残しますが、逆におかわりすることもできます。

また、揚げ春巻きも一緒に注文できることが多いです。
ブンチャーだけでも結構お腹いっぱいになってしまうので、まずは1本だけにしておいた方が良いかもしれません。

お値段は?

写真のようなローカル感漂うお店であれば、以下のようなお値段で食べられます。

ブンチャー1杯:25,000VND 〜 50,000VND (125円〜250円)
揚げ春巻き1本:20,000VND (100円)

逆に、ちょっと高級感漂うお店で食べても100,000VND (500円)以下で食べられることが多いです。庶民に親しまれる料理所以ですね!

どこに行けば食べられる?

「ブンチャーハノイ」と呼ばれるほどハノイに多い料理です。
ハノイ市内各地にお店はありますが、特に多いのがThuy khue通りです。

今回ご紹介した写真のお店はこちらになります。

『Ngoc Xuan Bun Cha Restaurant』
住所:102 Thụy Khuê, Thuỵ Khuê, Tây Hồ, Hà Nội

ローカル店での注文の仕方

紹介したようなローカル感漂うお店に入りづらい方も多いのではないでしょうか?
なんかお店には観光客よりも現地の人が多いみたいだし、最初は注文の仕方もわからないし、英語も通じるのか不安ですよね。

でも安心してください。

このようなローカル店の名前には「Phỏ」 やら「Bún Chả」やら料理名がそのままついています。つまり、その料理専門ということ。
お店に入って席に座れば、店員さんが「 Phỏでいいか?」「 Bún Chả1つでいいか?春巻きはいるか?」と注文を取りに来てくれます。本当に単品しかないお店は、席に座るだけで自動的にブンチャーが運ばれてきます。笑

勇気を持ってお店に入ってみると意外と簡単に食べられるのです。

さいごに

ブンチャーはお店によって少しずつつけ汁の味が違って春巻きの大きさや味も違います。何軒も回って自分好みの味のお店を探してみるのも面白いです。
ぜひ、ハノイにお越しの際は本場のブンチャーをお試しください!

2件のコメント

    1. コメントありがとうございます!
      日本でもブンチャーを出しているお店はあるみたいです。
      私はまだ日本で食べたことないですが、ぜひ食べて感想をお聞かせください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です